法律事務所事務員に転職する場合、どんな資格が必要になるかは気になるところですが、特に決まった資格が必要なわけではありません。
必要な技能は、法律事務所事務員については、現場で仕込まれるようになっていますが、資格があれば有利に働きます。
その事務所の扱う仕事の種類やニーズに応じて、法律事務所事務員は、それに見合った資格を持つべきです。
多少の法律知識があるだけで、実際の法律事務は未経験だと、法律事務所事務員として働くにはしんどいかもしれません。
ただ、法律事務所事務員として働くのであれば、パソコン検定や運転免許の資格ぐらいは持っておきたいものです。
特に時間がある人で、法律事務所事務員を目指すのであれば、資格の1つや2つは持っておいた方がいいでしょう。
業界を絞って就職活動をして、法律事務所事務員として働くことを考えるなら、多少の資格は必要でしょう。

法律事務所事務員として、就職する場合、例えば簿記とか秘書検定などの資格があった方が有利になります。
戸籍謄本や登記簿取り、添付書面準備や定型書面の起案などを法律事務所事務員は、こなさなければなりません。

法律事務所事務員として働く場合、最低でも一年くらいは仕事を覚えるのに期間がかかります。
お茶くみだけではなく、法律事務所事務員は、色々な仕事をさせられるので、必要に応じて資格を取ることです。
受付やお茶だしの総務で、法律事務所事務員になるのか、専門事務で入るのかで、努力の質が違ってきます。
資格と呼べるものがないので、法律事務所事務員として働くことに躊躇している人もいますが、それは特に関係ありません。
その都度、必要な事務能力というのは違ってきますが、法律事務所事務員として就職する場合、何かの資格はもっとおいた方がいいでしょう。

OfficeTAK 就職・転職